Story of a saje meeting Sri Bhagavan in 2001

誰も、はっきりとは彼の年齢を知りませんでした。

聖者でありマスターであるシュリ・バラキリはシルディ・サイババと同じ時代の有名なインドのヨーギーでした。

両者とも同じグルの下で教え込まれたと言われています。

彼についての要約に従うと、2001年に他界したとき、彼は少なくとも130歳でした。

 

これは彼がシュリ・バガヴァンを発見する物語です。

1949年3月7日。聖者はジャナガーダの山頂で熟考と祈りを捧げ座っていました。

「神よ、私はあなたが計画していることについて私の役割がわかりません。

人は愛と哀れみの正反対になりました。私は人々の状態に落胆しています。」

彼は深く落ち込みそしてどうすることもできず祈っていると、彼はアカシャヴァニとインドでは言われている天からの啓示を聞きました。

「これ以上心配することはない。正しくこの日に、私は人類を変えるために肉体を持ちました。あなたは私が成長したとき、私に会うでしょう。 このことを通して私を認めてください。」

そして聖者は男が両腕を広げ呼び掛け、しっかりと抱き合い、地球から天までそびえ立っているイメージを恍惚の中で見ていました。

 

同じ時間に、南インドの小さな村では幼児の誕生のお祭りをしていました。

その村全体がお祭りの真っ只中、子供を歓迎する計り知れない幸福感に包まれました。

喜びと騒ぎは全ての人に感染していきました。

シュリ・バガヴァンが肉体を持ったのです。

 バラキリ・マハラジ聖者は大きな平和と自信と共にその日、丘を降りました。

 

 日は過ぎていきました。いつも彼はアバターの兆候を探していました。

彼は人々の改善のために疲れを知らぬエネルギーで働き、真実が来るという約束を待ち続けていました。

 しかしながら、新しい千年期が巡ってきて、希望と決心は少しずつ不安に変わっていきました。彼は既に120歳を超えていました。

彼はより厳しく調査をしましたが、あの山頂でのビジョンにあったものはなく、成果はありませんでした。

 

 それからある日、講話に行く途中、彼は長い行列が道の向かい側のにうねって進んでいるのを見ました。行列の先頭は手を広げ、黄色のローブを着ている誰かの実物大画でした。

聖者はすぐ彼だと分かりました。

彼はただちにより詳細を得るため、弟子を送りました。

それらは啓示とぴったり符合しました。安堵の波が彼を押し寄せました。

 

彼は何といっても人類の神を1度だけでも自分の目で確かめることなくこの世をさることはできませんでした。

しかしながら、体はまるでその探求が終わることを知らせるかのように、彼の健康は衰えてしまいました。医者は彼の老衰した体に負担を背負わせることは許しませんでした。しかし、聖者はそれを聞き入れませんでした。彼は 旅をするために数ヶ月間、厳しく体を鍛えました。

 

 数ヵ月後、彼が主要な22人の弟子とゴールデン・シティにたどり着いたとき、夜が明けました。

彼とシュリ・バガヴァンの面会の中で、大部分はハートに触れた神聖なものでした。

バガヴァンはドアに立って彼を迎えました。年上の弟子たちは彼にランプを回しました。バガヴァンは優美な花を受け取った干からびた聖者を抱きしめ、彼の手を握って席に連れて行きました。この場面はその日、すべての立ち会った人たちの意識に永遠に焼き付けられたことでしょう。

古代からの習わしで、聖者はシュリ・バガヴァンへの尊敬を現し、そして言いました。

「あなたを見つけた今、私には何の心配もなくなった。私はやめる時が来た。バガヴァン、これらは私の弟子です。今から彼らはあなたのものです。神よ、彼らにムクティを与えてください。」

彼は戻るとすぐに地球飛行をやめ、ディヴァインとひとつになりました。