2008年2月7日・ウェブキャストでのバガヴァンのメッセージ

 あなたが本当の意味で真実を話さない限り、深い意味での内なる誠実性を発展させることはできません。

ただ話すことは簡単ですが、そこには深さが欠けています。

 しかし、真実を話し始めるときはじめて、本当の意味であなたは内側で生じていることを知ることができるのです。その反対ではありません。

 あなたは深いところに入るでしょう。すると奇跡が起きるのです。奇跡はあなたを根源へと導きます。するとすべては空であることがわかるでしょう。その時あなたが発見する喜びは筆舌に尽くしがたいものとなります。そこにあるものは何でもよいのです。あなたはそこにあるものを見ることができますか?正直さとは、そこにあるものを見ることです。基本的に、内なる素直さとはそこにあるものを見ることです。真実とはあなたが見るものを話すことです。事実を正確に話す必要はありませんが。しかし、2つのポイントしかありません。真実(を話すこと)は正直さになります、外側の正直さです。まず、(内側にあるものを)見て、そしてそれについて話すのです。

一つは見ること、そして話すことは外側でのことです。もしあなたが話すと、その効果がわかるでしょう。それは想像し難いほどです。何も必要ありません。そのあとは自動的に生じます。(やってみて)それがどんな感じかを私に話してください。

 あなたはそれを見ていないので退屈さを感じるのです。人生は無意味だと考え、目的を感じることができず、あれが欲しい、これが欲しいなどど思うのです。非常に多くの欲望が生じます。

 しかし、もし実際に生じていることを見るなら、とても大きな喜びが湧き起こります。もはや人生においてそれ以外の何ものも欲しくなくなるでしょう。たとえ乞食であっても、来病患者であっても、ホームレスであっても問題ではなくなります。安全すらも必要なくなり、死をも恐れなくなります。

 そして不思議なことに人生そのものがあなたの面倒を見てくれるようになります。正直な人々は誰でも、人生そのものが面倒を見てくれるのです。それを神、あるいは他のどんな名前で読んでも構いませんが。不正直な人々は死んでしまうでしょう。もしあなたが正直な人間であって食料がないなら、食料があなたにやって来るでしょう。そのようなことが起こるのです。何らかの仕方であなたは支えられるのです。人生は奇跡となるでしょう。

 あなたが正直でないゆえに、人生においてそのようなことが起こらないのです。しかし、正直になろうとしないでください。真の意味で正直な人間である必要があります。その時はじめて奇跡が生じるでしょう。

その時はじめてあなたは偉大な存在となるのです。すると祝福があなたのところに来ます。あなたが話すことすべては真実となるのです。

 あなたが人生に行き詰まっているなら、それはあなたが真実ではなく、正直でないからです。それゆえあなたは真の意味で、内側で生じていることを見ていないのです。それゆえ、外側の世界でだけ生き続けるようになるのです。

【翻訳:高橋恵美さん】


Q:バガヴァン、大勢の幼い子供たちが、癌や脳腫瘍などの疾病で亡くなっています。これは一体どういう理由なのでしょうか?
 これはカルマと関係があるのでしょうか?それとも、この子は何かを学ぶために、ほんの数年間だけ地球で生活しなければならなかったのでしょうか?
バガヴァン:これは基本的には人間がとても暴力的であること、並びに皆さんが地球に対して行っていることに原因があります。例えば、あなたがユーカリの木の大きな応援を手に入れ、そこで木々が育っているとします。あなたはブルドーザーを手に入れ、その農園の木を根こそぎ伐採してしまいます。それからあなたは養鶏場、酪農牧場などを所有し、そこで動物たちに拷問のような苦しみを与えます。皆さんは、実際に植物や動物が生命を全うすることを妨害しているのです。皆さんは彼らの生命を人為的に終わらせています。みなさんは家畜を食肉処理場に連れて行き殺します。山羊や羊は一体どうなったでしょう!それぞれの生物の種一つ一つがこの生命の織物において果たすべき役割を持っています。そして人類は環境を保護する役割を持つようにディヴァインによって意図された存在なのです。しかし、人間はそれとは真逆のことをしています。人間の役割は地球を、動物を、植物を、すべての種を保護することです。しかし、人間はほとんどその役割を果たしてはいません。それどころか人間はすべての種を絶滅させて破壊しつくそうとすらし始めています。人間はすべての種が人間のためにあると考えているのです。今も行われ続けている残酷な行為の全てを言い表すことなど到底できません。それが癌として、幼い子供達の死として、みなさんが現在目撃している数々の残酷で悲惨な事象・事柄として戻ってきているのです。人類が変わらない限り、みなさんはこういった残酷な事象を、恐らくこれからももっと目撃することになるでしょう。自然は自らが受けた打撃を今まさに与え返しているのです。もし自然が本当に怒り狂い始めれば、みなさんは必ずや打撃を受けることになるでしょう。皆さん全員がまるで虫けらのように一掃されてしまう可能性すらあるのです。私たち(アンマ・バガヴァン)が望むことは唯一つ、人間が一刻も早く悟って変容して欲しいということだけです。
                  「Eveings...バガヴァンとの対話」からの抜粋・・・