目覚めた人 Sri Bhagavan

目覚めてしまえば、すべきことは何もない。

ただ目覚めているだけである。

目覚めは、目的のための手段ではない。

目覚めは、それ自体が目的である。

目覚めた人は存在し、行為をしているという感覚がない。

目覚めた人は、心にビジョンまたはゴールを抱くことがない。

ただ行為があるだけである。

目覚めた人は謙虚であり、あえて謙虚であろうと努力することはない。

目覚めた人は、選択の余地や希望がない故に自由を体験する。

目覚めた人は意志を持たず、幻想を抱くこともない。

目覚めた人は、ただ現実にとどまっている。

目覚めた人は何もしない。しかし、やり残すこともない。

全てはいつでも、目覚めた人の周りで、目覚めた者を通して起きているからである。

覚醒している人は、自然に完全な行動が起きるまでは不動のままとどまる。

目覚めた人は、あらゆる見解や概念にとらわれることがなく、あるがままのものとひとつになっている。

目覚めた人は、あらゆるものに対して心を開き、あらゆるものが適所に置かれている。

目覚めた人は、常に不動のままであり、行動は自動的に発生する。

目覚めた人は、物事が空を漂う雲のように来ては去っていくことを許している。

目覚めた人は、しようとする必要もなく、自然に生きとし生けるものを支えている。

目覚めた人は、空っぽであり、故に有能である。

目覚めた人は、学ぶべきことは何もないということを知っている。

必要なのは、ただ学んだものを捨てるだけである。

目覚めた人は、絶えず学んだことを捨てている。

それゆえ、いつも重荷から解放されていて、自由の中に生きている。

目覚めた人は、何を達成することもない。

達成することは何もないからである。

目覚めた人は、何を理解することもない。

理解することは何もないからである。

目覚めた人は、何を知ることもない。

知ることは何もないからである。

目覚めた人は、物事について知らず、あるいは理解していないが、見ている。

目覚めた人は、物事をあるがままに見、それらをコントロールしたり、型にはめようとはしない。

目覚めた人は、他人を説得しようとはしない。

目覚めた人は、起きるべきことは起き、そうでないことは起きず、

宇宙とは永遠にコントロールできないものであることを知っている。

目覚めた人は、宇宙誕生以前からそこにあったものとひとつになっている。

そして永遠に存在し、生まれることも死ぬこともなく、始まりものなく終わりもなく、

決して変わらず、孤高、空、無限、至福に満ちた永遠の”私”である。

目覚めた人は、世界が虚空から現れるのを見ている。

それゆえ世界をあるがままに受け入れている。

目覚めた人は、世界をあるがままに受け入れるので、本来の自己に確立されている。

目覚めた人は、何事にも執着しないが、故に全てとひとつである。

目覚めた人にとって、世界とは自分自身である。

従って、世界を自分自身のように愛し、いたわる。

目覚めた人は、世界を変えようとしない。

目覚めた人にとって、世界は完全であり、神聖なものである。

目覚めた人は、不完全であること自体を完全であると見、それゆえにあるがままの中に喜びを感じる。

目覚めた人は、人生という神秘を生きる。

目覚めた人には、確たる計画もなければ、目標もない。

目覚めた人は、自分を受け入れており、世界も目覚めた人を受け入れている。

目覚めた人は、自分をひっている、故に賢明である。

目覚めた人は、自分との間に葛藤がないので、真に力を備えている。

目覚めた人は、死を受け入れる。

目覚めた人には、死が存在しないからである。

目覚めた人は、死ぬ覚悟ができている。

目覚めた人は、ありのままでいる。

目覚めた人は、恐れがないことを知っている。

目覚めた人は、多数のものをひとつとして見る。

目覚めた人の体験には、意識以外に何もない。

全ては意識だからである。

目覚めた人は、常に体験している。

目覚めた人の喜びには理由がない。

よって、いかなるものも、よろ喜びに影響を及ぼすことはない。

彼は目撃している。彼は体験している。彼は至福の中にいる。

彼は現在の中にいる。彼はプレゼンスである。

彼はアンマバガヴァン。

彼は神自身。

それが全て。それですべてが終わり。