ワンネス意識

今朝、洗濯物を干している時、中学校の時同じクラスだったO君が浮上した。

無意識層に入っていたものだった。

 彼は野球部、子供っぽく、わがままで自分勝手。月曜日になると決まって休んでいた。みんなから月曜病と言われていた。そのうち火曜も休むようになり、水曜まで続くこともあった。

 枠からはみ出た感覚だった。そんな彼をうらやましいと思っていた。なぜそんなに簡単に学校を休めるのか?勉強がついていけなくなったらどうしようとか、ないわけ?と思っていた。気楽でいいな・・・テストで点数が悪くても、本人は何食わぬ顔。

 そんな彼をうらやましいと思っていた・・・らしい・・・こうして今浮上するということは、そうなんだろう。その時は少しそんな気がしたが、ここまで持ち越していると思わなかった。

 何がうらやましいかったかというと、勝手に学校を休むことができる→家族の理解がある。家族から愛されている。という非理論的結論付けをして、決めつけてしまった(汗)

 

 子供の2週間のお腹痛での欠席の末、今日登校し、洗濯物を干していた時に見たチャージ。

 

 その後のO君、あまりいい話は聞いていない。私の結論付けでは彼は家族から愛されていることになっていたが、それは実際のO君とは全く関係がない。自分の見方なのです。

 

 今人生を振り返ると、次男も中学3年間不登校をしてきた。

今、O君が浮上し、見たことでそのチャージは消えてなくなった。

 

 今日は午後から子供の授業参観があり、休み明けの授業だったが、うちの子はみんなの前で本読みをすることができた。先生にも骨を折っていただき、感謝感謝涙・・・

 

目覚めると、本当にチャージの体験が早い。目覚め、おすすめです。